Webシステム開発入門 - Perl&Mojolicious

  1. Webシステム開発入門 Perl&Mojolicious
  2. here

LinuxにおけるWeb開発環境の構築

Ubuntu, CentOS, DebianなどのLinuxサーバーにおけるWeb開発環境の構築について解説します。

LinuxサーバーにSSHを使って接続できていることは前提とします。

PerlでWebシステム開発環境を構築するための前提

各Linuxにおいて、Perlをインストールすることの前提について書いておきます。yumやapt-getなど、パッケージのインストールコマンドがLinuxディストリビューションにおいて異なるので、必要な内容を書いておきます。

make

makeがインストールされていない場合はインストールしてください。

# CentOSの例
sudo yum -y install make

makeは、Perlのモジュールをインストールするときに、その手順を実行するツールとして利用されます。

gcc

gccがインストールされていない場合は、インストールしてください。

# CentOSの例
sudo yum -y install gcc

gccは、PerlのモジュールでC拡張が使われている場合に、これをコンパイルするために必要です。

patch

patchがインストールされていない場合は、インストールしてください。

# CentOSの例
sudo yum -y install patch

patchは、perlbrewと呼ばれるPerlのインストールツールを使う場合に必要です。

openssl

opensslがインストールされていない場合は、インストールしてください。opensslのコマンドに加えて、opensslのライブラリ(openssl-devel。名前はLinuxディストリビューションで異なる)もインストールします。

# CentOSの例
sudo yum -y install openssl
sudo yum -y install openssl-devel

opensslは、Perlとは直接的には、関係がありませんが、最近のWebがHTTPSで接続することを、求められるため、あらかじめインストールしておきましょう。

git

gitがインストールされていない場合は、インストールしてください。

# CentOSの例
sudo yum -y git

gitは、Perlとは直接関係がありませんが、Webシステム開発におけるソースコード管理に使うので、インストールしておきましょう。

システムPerl

Webシステム開発には、ユーザー環境にインストールするPerlを使うのですが、システムPerlもインストールしておいた方が、何かと便利でしょう。

# CentOSの例
sudo yum -y install perl perl-core

Perlのユーザー環境へのインストール

次にPerlをインストールしましょう。Perlをユーザー環境にインストールします。以下の記事の「ユーザー環境へのPerlのインストール」という部分です。

Webシステム開発を行う場合は、コアPerlではなく、上記手順でインストールしたものを使います。一番大きな理由は、CPANというサイトからモジュールをインストールするのに、ユーザー環境にPerlをインストールしておくのが、簡単で便利だからです。

また、Perlだけのアップグレードをすることも、システムPerlに依存せずにできます。

Mojoliciousのインストール

最後に、LinuxへのPerlのインストールでインストールしたcpanmというツールを使ってMojoliciousをインストールします。

cpanm Mojolicious

Webシステム開発環境の構築お疲れさまでした。

(UbuntuとDebianにおけるCentOSにおけるyumに該当する部分を記述できる方、お手伝い募集中)